2018/05/15
所長:還暦のお祝い会開催
 ウィズハートの所長がこの度還暦を迎えられたので、お祝い会を開催致しました。時の経つのは早いもので、去年と今年と還暦を迎える方が続くよね〜と言っていたにも関わらず、直前になって「そういえば・・」と思い出す始末。。1年ってなんて早いんだ!!と痛感しました。
 所長には知らせずサプライズにしようと言う事で、御内密に進めていて12日の開催となりました。この日は土曜日で、午後がらはみんな何かそわそわ・・。早めに行って待ち受けておりましたが、会場の駐車場や靴箱でこの車は?この靴は?と結局バレバレのようでしたが。
 これで、ウィズハートは3名の還暦者を迎えることとなりました。みなさんまだまだ現役です。これからも、気持ちよく長く働いてもらえる環境作りを進めて行きたいです。

2018/05/12
町内清掃活動開始
 毎月第2土曜日の午前中、「地域との関わりを深めて行こう」という事で、今回からさくらテラスの方々と共に新たな取り組みが始まりました。ご近所の清掃活動を行っている中、
 「こんにちは〜」とお声かけすると、
 「何してんの?」
 「この辺りの掃除を・・」
 「ありがとうねえ〜」
と言ったお声も頂き、やる気上昇でした。
これからも、地域の中のひとつの事業所として行って行きたいと思います。

2018/05/07
居宅介護支援事業所「ケアマネくん便り」更新
2018/05/01
ヘルパーステーション『ハート便り』更新
2018/05/01
ヘルパーステーション空き情報更新
2018/04/25
ヘルパーステーション「チームケアの自覚」について研修会開催
 4月20日と4月24日PM17:30〜どちらかに出席してもらうようにして、グループワーク中心の研修となりました。
 4月からの法改正にあたり、事業所として「身体介護の明確化」「介護予防相当サービスの見直し」を図ったことを伝えた上で、訪問介護職員としての報告・連絡・相談の重要性について、グループワークを行いました。判断に迷う事で電話をもらえた結果、常勤職員が駆けつける事が出来てありがたかったとの意見もあり、密な報告が事なきを得た事例も上がりました。利用者様への関わり方について、どの様にすれば良い関係が築けるかと悩んでおられた方に対して、しなければならない事ばかりが優先して、本人の意向をしっかり組み取れているだろうか?と振り返り、接し方を変えてみたところ上手く行ったケースも紹介され、会話を持つ時間のやりくりや報告の順序等、各自創意工夫の意見交換が出来た良い機会となりました。
 変わりゆく介護保険制度の中、限りある時間の中で、最大限本人の能力を発揮して頂きながら、納得の行くサービス提供を出来るかが鍵となるように思います。

2018/04/09
居宅介護支援事業所「ケアマネくん便り」更新
2018/04/09
ヘルパーステーション『ハート便り』更新
2018/04/09
ヘルパーステーション空き情報更新
2018/03/23
高齢者配食についての研修
宅配クック123、松永様を迎えて高齢者の栄養や配食サービスについての研修を行いました。実際に試食もさせていただきました。
高齢になると食欲が低下することから、高齢者の3割が低栄養、4割が低栄養予備軍であるとのです。宅配クック123の配食弁当は栄養バランスを考え、ちょうどいい量でしかも目で見ても楽しいお弁当です。容器も高齢者が扱いやすいように使い捨てで軽く、片手で開けやすい、スプーンで食べやすいなどの工夫がしてありました。
実際に試食をしてみると、低塩分ながら意外にしっかりした味付けでご飯がすすみそうに感じました。素材のうまみを生かして調理しているとのことです。ムース食、塩分調整食、透析食など色々な種類をそろえており、どれもおいしくいただけました。利用者様にとっても、味付けが良いことが食事が楽しみになる一番の要因と思われました。またお弁当は原則手渡しで、緊急時には家族様、ケアマネジャーに連絡が入ります。利用者様、家族様にとっても安心できるサービスだと感じました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
一番上に戻る

- Topics Board -