MENU

INTERVIEW

わたしという存在を受け入れてくれた。

障害者病棟看護師(3年目)

吉岡 真実

私が看護師になったのは、看護師をしている姉からのアドバイスがあったからです。前職は介護士でしたが医療に対する知識が乏しい中で、患者様と接するうえで不安を感じることが多くありました。「自分がさらに自信をもって患者様と関わりたい」。そう思ったのが看護師を志したきっかけでした。
当院に入職して業務に追われる中で1年目は多くの知識を身につけながらも、インシデントを起こすことがありました。その中でも毎日のように先輩に質問したり自分の課題を見つけ向き合うことができる職場環境だったので、不安や疑問を残さず成長することができました。
看護師は患者様と関わる時間が1番長く、日々の看護ケアの中で患者の変化に気づける立場です。その分責任感をもって安心・安全な看護を提供できる看護師を目指したいと思います。

吉岡 真実

  • 吉岡 真実
  • 吉岡 真実
吉岡 真実