MENU

INTERVIEW

看護部副部長

野村 彩

看護師という職業は本当に大変だと思います。看護師という資格は一つですが、活躍の場は数多く存在し、様々な専門性も求められ、個人のモラルや感性の豊かさも求められます。看護学校だけで学べるものではなく、病院に就職してすぐ習得できるものでもありません。
私も副部長という役職にありますが、完璧ではなく、日々学ぶ毎日です。大事なことは、焦らず、自分らしく、今自分にできることを精一杯やることだと思います。そしてこれは仕事に対してだけではなく、プライベートも含めてだと考えます。
プライベートも充実して初めて仕事にも集中でき、成長できると思います。私はこの病院でこのことを学べたと思っています。職員一人一人の「やる気」がこの病院を支えています。そして、職員一人一人の「行動力」がこの病院を動かしています。
病院は一人では動きません、新人、ベテラン様々な個性があって成立します。
琵琶湖大橋病院はあなたの「やる気」と「行動力」そして、個性を必要としています。一緒にこの琵琶湖大橋病院を動かしていきましょう。

野村 彩

野村 彩