眼科センター

緑内障

緑内障の症状とは?

緑内障の症状

緑内障の症状は視野(見える範囲)が狭くなります。日本人の失明原因第一位は緑内障ですので、治療せずに放置するとだんだん視野が狭くなって失明してしまいます。
視野がかけた部分は脳が周りの視野から想像したものが見えるので、真っ暗に感じるとかではなく、視野がかけた部分では物が消えるという表現になります。
初期の緑内障ではほぼ自覚症状がありませんので、人間ドックの眼底検査や他の病気で眼科受診したときに見つかります。
下のほうが見えにくいとか上のほうが見えにくいといった自覚症状があって、緑内障と診断される場合は、中期あるいは後期へ進行した緑内障であることが多いです。
また、片目のみ緑内障を発症している場合は、健康な方の眼で補って見ているために、自覚症状がなく、受診が遅れてしまいがちですので注意が必要です。緑内障が心配なら、一度眼科受診をおすすめします。
特に緑内障が家族の中にいる方、近眼の方は40歳を過ぎたら一度眼科で精密検査をうけてください。

緑内障の症状とは?

緑内障では眼圧と視神経の強さが大事

緑内障は眼圧(眼の硬さを表す数値)の上昇によって、視神経が障害されておこる病気です。
よくある患者さんからの質問に「私の眼圧は正常ですか?」というものがありますが、これは答えにくい質問なのです。
目安としての正常な眼圧は9~21mmHgですが、この範囲に入っていても緑内障を発症する人が日本人にはとても多い(正常眼圧緑内障と言われ緑内障患者さんの約70%)のです。眼圧に対する視神経の脆弱性(弱さ)が人によってちがうためと考えられています。
例えば、眼圧15mmHgでなんともない人もいれば、眼圧15mmHgでは緑内障を発症してしまう人もいるということです。
ただ、眼圧が高い人ほど緑内障をおこしやすいのは事実です。
眼圧が20mmHg以上の方は要注意で、視神経が悪化していかないか定期検査が必要です。

緑内障の症状とは?

緑内障の症状とは?

緑内障の症状とは?

緑内障の治療

緑内障の治療は早期発見、早期治療が大事

当院ではOCTを用いてより早期に緑内障を見つけるようにしています。
眼底検査で視神経乳頭の形状を診察するのが基本です。視神経乳頭陥凹があれば次に視野検査を行います。視野検査で異常があれば緑内障の確定診断となります。当院ではOCTという三次元眼底像撮影装置も用いて、緑内障の早期発見に努めています。
OCTは緑内障をおこす視神経の減少をより早期でとらえる事ができるので、早期診断、早期治療が必要な緑内障診療にはとても有用です。

緑内障の治療

緑内障の唯一の有効な治療は眼圧を下げることで視野の悪化を遅らせる事です。そのためより早期発見し眼圧を下げて、視野がかけていくのを遅らせる事が大事です。
そのために眼圧を下げる点眼薬を毎日忘れずにさす事をまずしてもらいます。房水の流出を促進する作用のある点眼薬や房水の産生を抑制する点眼薬などがありますが、向き不向きがあるので相談しながら変えていきます。
通常は単剤投与から初めて、目標眼圧まで下がらなければ順次2~4剤投与へと治療強化していきます。
それでも、目標眼圧に到達しない場合は手術を検討します。
緑内障は慢性疾患であり、完治することはありませんので点眼治療は生涯続けていかなければなりません。

緑内障の症状とは?

緑内障の手術

上記のように点眼薬での治療を行っても眼圧が下がらない時は、緑内障の手術を行うことになります。

線維柱帯切開術

房水の出口である繊維柱帯を切開して、房水の流出をよくして眼圧を下げる手術です。切開術がよく効くタイプの緑内障とそうでない緑内障があります。

緑内障の治療

線維柱帯切除術

繊維柱帯を一部切除して、房水を眼の外に導くバイパスを人工的に作る手術です。眼圧を下げる効果が高い手術です。眼圧の下げる効果が強いものの、術後感染のリスクをずっと背負う事になる、術後のコントロールが難しいなどのデメリットもあります。

緑内障の症状とは?

当院では両方の手術を行っておりますが、まずは最初線維柱帯切開術を下方から行う事が心がけています。それがだめなら上方で切除術を行っております。 いずれも入院が必要です。

医師紹介

看護部紹介

求人案内

外来担当医師変更・休診

PICKUP記事

認定施設
ブログ
琵琶湖大橋病院行動計画
職員子息の奨学金制度について
院内専用